「ツアーコード AA-6」

見学の時間:9時間
プライベートツアー

2017年に世界遺産に登録されたばかりの、カンボジア第3の世界遺産「サンボープレイクック遺跡」を訪問するプライベートツアーです!

また、シェムリアップのローカルマーケットの訪問も一緒に楽しむことができるプランです。

  • サンボープレイクック遺跡
  • ローカルマーケット
  • スピアンコンボンクデイ橋

ツアー料金

プランツアー人数料金
ツアー料金1名様
2名様
3名様以上~
200$175$
120$100$/1人
100$80$/1人

含まれるもの

朝食夕食昼食日本語ガイドお水送迎チケット
×××

5歳未満:  無料
11歳未満: ツアー料金の30%
12歳~15歳:ツアー料金の50%

スケジュール「ツアーコード AA-6」

時間スケジュール
7:00AMお宿泊ホテルお迎え(ロビーで集合)
7:15AMローカルマーケット観光
約30分見学
9:30AMスピアンコンポンクデイ観光
約30分見学
11:00AMソムボープレーコック遺跡観光
約1時間見学
12:30PMローカルレストランでお昼ご飯
4:00PMホテルに戻ります

ツアーお申込みはこちらのボタンから「ツアーコード AA-6」を選択ください!

 

ローカルマーケット

シェムリアップでは色んなマーケットがたくさんありますが、オールドマーケットやナイトマーケットなどは主に観光客向けのマーケットです。

このツアーで紹介するマーケットは町から車15分ほど、プサールーマーケットと呼ばれるマーケットです。

こちらは地元の人たち向けの食品や日用品を売っていて、シェムリアップで一番大きなローカルマーケットです。

スピアンコンボンクデイ橋

町から車で約1時半ほどのところに、アンコール時代(9世紀~12遺跡終わり)に次々と何百個の橋が造られました。

その中のひとつ、スピアンコンポンクデイと言う橋はカンボジアの歴史の中で一番有名な王様(ジャヤーバル七世)が長さ100m、高さ11m、橋の下に支える柱20本もある、巨大な橋をつくりました。

ナーガと呼ばれる大蛇が橋の両端側に飾られています。

サンボープレイクック遺跡

サンボープレイクックは7世紀に作られたもので、1400年前、チェンラー時代に首都に建造された寺院群です。

この時、日本では同じ頃、聖徳太子が現存する世界最古の木造建築である法隆寺を創建しています(607年)。

サンボープレイクックは2017年、アンコール遺跡群、プレアヴィヒア遺跡に続いてカンボジア第3番目の世界遺産・ユネスコ世界文化遺産に登録されました。

ツアーお申込みはこちらのボタンから「ツアーコード AA6」を選択ください!

関連キーワード
  • 【AA-1】Free WiFiアンコールワット+朝日鑑賞→ベンメリア遺跡→プレアヴィヒア遺跡(ガイド・車・朝・昼ご飯とWD車付き)プライベート1日ツアー、1名で「300$250$」、2名で「200$150$/1人」、3名以上~「150$100$/1人」もっと見る≫≫
  • 【AA-2】Free WiFiバンテアイ・スレイ遺跡→プノン・クーレン山→ベン・メリア遺跡→ロリュオス(ガイド・車とお昼ご飯付き)プライベート1日ツアープラン 1名で「160$140$」、2名で「100$80$/1人」、3名以上「80$60$/1人」もっと見る≫≫
  • 【AA-3】Free WiFi『2つの大人気遺跡を巡る』プレアヴィヒア遺跡→ベンメリア遺跡(ガイド・車とお昼ご飯と4WD付き)プライベート1日ツアー、1名で「210$180$」、2名で「130$105$/1人」、3名以上「100$80$/1人」もっと見る≫≫
  • 【AA-4】Free WiFiアンコールワット・朝日鑑賞→アンコールトム→タ・プローム遺跡→バンテアイースレイ遺跡→トンレサップ湖・夕日鑑賞 『ガイド・車・昼食と夕食(アプサラダンスショー)付き』プライベート1日ツアー、1名で「150$130$」、2名で「90$75$/1人」、3名以上「80$65$/1人」もっと見る≫≫
  • 【AA-5】Free WiFiアンコールワット+朝日鑑賞→バンテアイ・スレイ遺跡→プレアヴィヒア遺跡(ガイド・車・朝食・昼食と4WD車付き) プライベート1日ツアー、1名で「300$250$」、2名で「150$130$/1人」、3名以上「120$100$/1人」もっと見る≫≫
  • 【AA-6】Free WiFi『新しい世界遺産を行く!』サンボープレイクック遺跡→スピアンコンボンクデイ橋、ローカルマーケット見学(ガイド・車と昼食付き) プライベート1日ツアー、1名で「200$175$」、2名で「120$100$/1人」、3名以上「100$80$/1人」もっと見る≫≫
おすすめの記事